2018年10月16日

ドル、112円台前半





 16日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、時間外取引で米長期金利が上昇したことで買いが強まり、1ドル=112円台前半に続伸している。午後3時現在、1ドル=112円09〜09銭と前日(午後5時、111円79〜79銭)比30銭のドル高・円安。
 ドル円は早朝、111円80銭台へとじり高となった。その後も反発して始まった日経平均株価に歩調を合わせて上昇、午前11時前後には112円台に浮上した。午後には111円90銭台で買い一服となったが、米金利の上昇を眺めて112円10銭台まで買われた。
 市場関係者は「急落していた株式市場がしっかりとした推移を見せており、世界的なリスク回避の動きが落ち着き始めた」(銀行系証券)とみている。ドル円は「米国の好景気や利上げを材料に買いが強まっている」(国内銀行)という。ただ、「日米の貿易協議で為替条項が導入される恐れがあり、近く公表される米財務省の半期為替報告書でもドル円への言及が気掛かりで、戻りは鈍い」(同)との指摘もあった。
 ユーロは正午と比べて対円でじり高、対ドルで小安い。午後3時現在、1ユーロ=129円70〜71銭(前日午後5時、129円32〜32銭)、対ドルでは1.1570〜1571ドル(同1.1567〜1568ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000020-jijc-brf

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX


タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 15:41 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。