2018年10月26日

田中圭「おっさんずラブ」で俳優初の表彰「オフの日だったのが、取材が増えました」

 テレビ朝日系で今年4月に放送された連続ドラマ「おっさんずラブ」が25日、都内で行われた「東京ドラマアウォード2018」で連続ドラマ部門のグランプリに輝いた。主演の田中圭(34)は主演男優賞。共演の吉田鋼太郎(59)が助演男優賞を受賞し、同作が“3冠”を達成した。

 同ドラマでブレイクした田中は受賞後の取材で、「うれしいです…」と照れ臭そうにほほ笑んだ。「今年まで賞をもらったことがなかった。賞を取るために役者をやってきたわけじゃないけど、いつかもらえたらなと思っていた」。俳優人生初の表彰に感慨深げだった。

 「おっさん―」は不動産会社に勤める春田創一(田中)が、ある日突然、上司(吉田)から告白を受け“愛”に目覚めていくストーリー。深夜放送だったこともあり全話平均視聴率は4・0%(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)だったが、独特な脚本とキャスト陣の振り切った演技が話題に。SNSを中心にジワジワと人気が沸騰した。

 同賞は2008年に開設され、今年で11回目。過去にはNHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13年)やTBS系「逃げるは恥だが役に立つ」(17年)など、その年を代表するドラマが受賞してきた。「多分、過去最低視聴率での受賞ですよね」と自虐的に話した田中だが、ブレイクした今はイベントやCMに引っ張りだこ。「オフの日だったのが、取材が増えました。『密着』とか」とブレイクの実感を感じている。

 「おっさん―」はSNSなどで続編を求める声が殺到。同局の早河洋会長が会見で「期待に応えたい」と話すほどの騒ぎになっている。田中も「数字にとらわれず面白いと思うものを作ってよかった。僕の集大成と思っていましたが、新たなスタートになりました」と満面の笑みを見せた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00000268-sph-ent

posted by 切葉鳩 at 08:54 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: