2018年11月01日

KDDIと楽天、決済・物流・通信のインフラ共有で提携





 KDDIおよび沖縄セルラーと楽天は、決済・物流・通信の主要3分野でインフラを共有していくと発表した。KDDIは2019年3月期第2四半期決算会見を開催しており、その中で明らかにされた。

 決済サービス分野においては、楽天が「楽天ペイ(アプリ決済)」などの決済プラットフォーや加盟店網をKDDIに提供する。KDDIは、これを活用する形でスマートフォン向けのQRコード決済サービス「au PAY」を2019年4月から順次開始する。

 物流サービス分野では、楽天がKDDI運営のショッピングモール「Wowma!」に対し、2019年4月より物流サービスを提供する。

 通信サービス分野では、楽天が2019年10月に予定しているLTE方式での携帯電話事業参入に際し、KDDIが通信ネットワークをローミング提供する。ローミング協定の対象エリアは、東京23区、大阪市、名古屋市を除く全国エリアとされている。

 これにより、楽天はサービス開始当初より日本全国でサービスすることが可能になる。ただし、この協定は、2026年3月末までと期限が定められており、楽天はそれまでに自前のネットワーク構築を行っていく必要がある。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000092-impress-sci

タグ:楽天 au KDDI
posted by 切葉鳩 at 15:45 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: