2018年11月15日

1700億円の当選者、いまだ名乗り出ず 米高額宝くじ





 高額宝くじ「メガミリオンズ」が10月下旬に行った抽せんで15億ドル(約1700億円)の当選者が出たことがわかっているが、当選番号の発表から22日間が経過しても、まだ当選者は名乗り出ていないことがわかった。

当選番号は「5」「28」「62」「65」「70」とメガボールの「5」。当選番号は10月23日に発表されていた。

当たりくじはサウスカロライナ州シンプソンビルのコンビニエンスストアで販売されていた。15億ドルの当選金額は1枚の宝くじのものとしては米国史上最高だった。

サウスカロライナ州宝くじ運営当局の広報担当は14日、CNNの取材に対し、「名乗り出るまでにはまだ100日以上の余裕がある」と語った。当選者は抽選日から180日以内に名乗り出る必要がある。当選者には、名前を公表するかどうかの選択権もある。

広報担当によれば、当選者が名乗り出るまでに時間がかかることも多いという。

もし、当選者が現れなかった場合、賞金はチケットを販売した州に返却されることになる。サウスカロライナ州では、名乗り出る人がいなかった賞金については教育を支援するための基金に回されるという。

専門家によれば、当選者が現れない賞金は毎年数十億ドル規模に上るが、高額の当選者はほとんど常に賞金を受け取るという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-35128714-cnn-int

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
posted by 切葉鳩 at 22:06 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: