2018年11月19日

日経平均、3営業日ぶり値上がり 「個人の買いが中心」





 19日の東京株式市場は、日経平均株価が3営業日ぶりに値上がりした。終値は前週末の終値より140円82銭(0・65%)高い2万1821円16銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は8・31ポイント(0・51%)高い1637・61。出来高は12億8千万株。

 日経平均は1円安で取引を開始。その後、前週末までに値下がりして割安となっていた電機や機械、半導体株などが買われ、日経平均は値上がりに転じた。ただ、目立った買い材料に乏しく、外国為替市場で円高・ドル安が進んだことが相場の重しとなって午後から上げ幅を縮めた。

 SMBC日興証券の太田千尋氏は「個人投資家の中小型株の買いが中心で、商いのボリュームは薄かった」と話した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000039-asahi-brf

[PR]「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス
posted by 切葉鳩 at 16:54 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: