2018年11月20日

ドル、112円台半ば





 20日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、1ドル=112円台半ばに続落している。米国株価の大幅下落などを背景にしたリスク回避のドル売り・円買いが進んだ海外市場の流れを引き継いでいる。午前9時現在、112円44〜48銭と前日(午後5時、112円75〜75銭)比31銭のドル安・円高。
 前日の米国市場は、11月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数が市場予想を下回ったことから景気の先行きへの不透明感が台頭し、米長期金利の低下もあって、ドル売り・円買いを誘発した。また、米アップルの業績懸念に関する海外メディアの報道を受けたダウ工業株30種平均の下落もリスク回避の動き強める形となり、112円42銭程度まで下落した。その後は、NY連銀総裁が講演で「金利はまだ非常に低い」などとの見解を示したことから、ややドルが買い戻され、112円50銭程度まで戻した。東京時間に入ると、再びドル売りが出て112円40銭近辺で推移している。
 市場では「前日の米国株安を受けて、日経平均先物が反落してスタートしており、日米の株安がリスク回避の動きを強めるだろう」(運用会社)とし、ドル円はじり安歩調をたどるとみられる。ただ、「112円50銭より下の水準では国内輸入企業によるドル買い・円売り注文が想定され、ドル円の下値は堅い」(FX会社)と指摘も聞かれる。
 一方、日産自のゴーン会長らの金融商品取引法違反容疑での逮捕について、市場関係者は「粉飾決算につながり、日本企業の会計不信などにつながるような最悪の事態になれば、日本売りに発展しかねず、今後の状況を見定める必要がある」とみている。
 ユーロは対円、対ドルで上昇。午前9時現在、1ユーロ=128円83〜83銭(前日午後5時、128円62〜62銭)、1.1453〜1455ドル(同1.1407〜1411ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000013-jijc-brf

[PR]初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。
posted by 切葉鳩 at 10:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: