2019年04月19日

「本屋大賞」受賞作『そして、バトンは渡された』ランキング100位圏外から2位へ急上昇

 4/22付オリコン週間BOOKランキング(集計期間:4月8日〜14日)では、4月9日に発表された「2019年本屋大賞」で大賞を受賞した『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ著)が、週間売上5.3万部で、4/15付での100位圏外から2位に急上昇。瀬尾作品初のTOP100入りにしてTOP3入りとなった。ジャンル別「文芸(小説)」では1位を獲得。こちらも自身初の1位を記録している。

 本作は、幼少期に母を亡くし、3人の父と2人の母にバトンを繋ぐようにリレーされて育った高校生・森宮優子の成長の物語。「身近な人が愛おしくなる」と、昨年2月の発売以来高い評価で、昨年は情報バラエティ『王様のブランチ』(TBS系)が選ぶ「ブランチBOOK大賞2018」、紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめする「キノベス!2019」を受賞している。

 今回の「本屋大賞」受賞をうけて瀬尾氏は、「自分自身でも『こんな気持ちになりたかったんだ』と思える大好きな作品です。感想をくださったり、実際にお会いしたりした書店の方が選んでくださったんだと思うと、大きな喜びになりました」とコメントを発表している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190419-00000323-oriconbiz-ent

posted by 切葉鳩 at 21:38 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: