2019年08月09日

ヒット中の映画『天気の子』、原作小説の累積売上が今年度No.1を更新



 新海誠監督の映画『天気の子』(7月19日公開)の原作小説『小説 天気の子』(KADOKAWA/7月18日発売)が、週間7.0万部を売り上げ最新8/12付週間文庫ランキング(集計期間:7月29日〜8月4日)1位を獲得。7/29付から3週連続で1位をキープした。累積売上は26.5万部となり、現時点で今年度最高の文庫売上部数を記録している。

 本作は、天候の調和が狂っていく時代に、家出少年と祈るだけで空を晴れにすることができる能力を持つ少女が、運命に翻弄されながらも自分の生き方を選ぼうとする物語。

 映画は3週連続で動員数・興行収入1位を獲得。主題歌のRADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」及びサウンドトラックアルバム『天気の子』も、週間デジタルシングル(単曲)ランキング、デジタルアルバムランキングで3週連続1位を獲得するなど、各ジャンルで盛り上がりを見せている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190809-00000311-oric-ent

posted by 切葉鳩 at 19:03 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: