2018年05月29日

Koki,母・静香のフォロワー数1日で抜く あっという間に34万超え

 モデルデビューを飾ったKoki,が、元SMAPの木村拓哉と歌手の工藤静香の次女であることが明らかになって一夜明けた29日、Koki,のインスタグラムフォロワーが、34万人を超えた。

 Koki,は25日にインスタグラムを開設、素性が明らかになる前はフォロワーは9000人程度だったが、一部スポーツ紙で木村と工藤の次女と分かるとフォロワーはうなぎ上り。29日午前9時現在、フォロワーは34万人を超え、あっという間に母・静香のインスタフォロワー数の21万人を上回った。

 また28日に更新されたメイキング動画も139万回の再生数となり、注目度は抜群(29日午前9時現在)。

 Koki,のインスタは母・静香の公式インスタが早速フォロー。Koki,も母のインスタをフォローし、仲良し母子である様子もうかがわせていた。
http://news.livedoor.com/article/detail/14783422/

ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2018年7月号



posted by 切葉鳩 at 13:16 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

2018年05月23日

写真集売れ筋ランキング

楽天



Amazon



posted by 切葉鳩 at 20:41 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

2018年05月21日

欅坂46・菅井友香、人生初ランジェリーカットを先行公開「とにかく恥ずかしかった…」

anan (アンアン)2018/05/30 No.2103[最強の出会い! ]




 人気アイドルグループ・欅坂46の菅井友香(22)が、1st写真集『フィアンセ』(6月5日発売/講談社)に掲載されるランジェリーカットを23日発売の『anan』(マガジンハウス)で公開したことが、明らかになった。

 本作はグループのキャプテンで、清楚な“お嬢様”菅井の記念すべき人生初写真集。自身が憧れていた美しい国・フランスを舞台に、水着姿やランジェリー姿も披露し、すべてを出し切った。

 今回は発売に先駆け、ランジェリーカットを解禁するほか、撮影でお嬢様のベールを脱ぎ捨てて成長した「新たな自分」についてのインタビューも掲載。「水着も友達の前では着たことがないので、ランジェリーはとにかく恥ずかしかったです。でもくびれを褒めてもらえるのはうれしいですね(笑)。今まで主張することが苦手で、みんなをうまく引っ張れなくて。写真集は自分への挑戦の始まりだったかもしれません」と語っている。
https://beauty.oricon.co.jp/news/2111805/full/


菅井友香1st写真集 フィアンセ



posted by 切葉鳩 at 19:03 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

乃木坂斎藤ちはる 民放アナに

 乃木坂46斎藤ちはる(21)が、民放キー局のアナウンサー職に内々定したことが20日、分かった。この日、静岡・富士市文化会館ロゼシアターで行われたコンサートで、グループからの卒業を発表した。現在明大4年生。乃木坂46卒業生では、今春日本テレビに入社した市来玲奈(22)に続いて、2人目の女子アナ誕生となる。

 アンコールで、発売中の20枚目シングル「シンクロニシティ」の活動をもってグループから卒業することを発表した。詳しい日程は未定。涙ながらに感謝を伝えた。卒業後の進路は明言しなかったが「乃木坂に入って1つ決めた夢あります。夢の道、第2の人生は、簡単な道ではなく険しい道だと思いますが、私らしく前向きに頑張っていきたいと思います」と伝えた。

 11年8月加入の1期生。父伸明氏はXリーグ2部で活躍するアメリカンフットボールの現役選手だ。女優のようなくっきりした顔立ちで、ファンやメンバーからは「ちーちゃん」の愛称で親しまれる。昨年、TBS系「世界ふしぎ発見!」でグループ初のミステリーハンターに挑戦した際、NG無しで体を張るなど、度胸もすわっている。複数の関係者によると、このほどキー局の入社試験を受け内々定したという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00215001-nksports-ent

posted by 切葉鳩 at 06:39 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

2018年05月18日

白石麻衣の写真集 驚異30万部

 乃木坂46白石麻衣(25)のセカンド写真集「パスポート」(講談社)が、19度目の重版で1万部を増刷し、累計発行30万部を突破したことが17日、分かった。

 昨年2月に発売し、初版は10万部。発売前に2度重版し、発売初週で10・4万部を売り上げ、オリコンランキング史上女性ソロ写真集では最高の週間売り上げを記録。売り上げのペースは落ちず、昨年4月には今世紀に発売された女性タレントのソロ写真集で最多の20万部を突破。その後もほぼ毎月重版を繰り返し、同12月に発表されたオリコン年間写真集売り上げランキングでは、22・9万部で1位に輝いていた。今年に入ってからも6回目の重版で、驚異的なロングセラーとなっている。

 講談社販売担当者は「講談社の創業100年の歴史の中でも、最大のヒット写真集。30万部突破はまさに100年に1度の“歴史的偉業”と言えます!」とコメントした。白石は「私にとって大きな飛躍のきっかけとなった写真集が、30万部突破したと聞いて、驚きとともに喜びをかみしめています。これからも、みなさんに長く愛される1冊になってくれるといいなと思っています」と喜んだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00211748-nksports-ent

posted by 切葉鳩 at 14:55 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも

ネトウヨ右往左往 大量懲戒請求 960人を提訴へ

根拠のない不当な懲戒請求を大量に受けたことについて、東京都内の弁護士2人が5月16日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いて、6月下旬から順次、960人の懲戒請求者を相手取り、慰謝料を求める訴訟を起こすと公表した。すでに和解が成立したケースが複数件あり、6月20日ごろまで和解を呼びかける。メールによる謝罪も受け入れているとしている。

弁護士の懲戒請求をめぐっては、あるブログが発端になって、全国レベルで大量におこなわれていることが問題になっている。このブログは、朝鮮学校への補助金交付などを求める各弁護士会の声明に反発したもの。2人の弁護士は、このブログ主の刑事責任(業務妨害罪など)を追及する方針だ。

●封筒の中には「外患誘致」と書かれた紙が入ってた

会見を開いたのは、東京弁護士会に所属する佐々木亮弁護士と北周士弁護士。佐々木弁護士によると、2017年6月、東京弁護士会所属の10人の弁護士に対して、190人から懲戒請求があった。10人のうち佐々木弁護士だけ、弁護士会の役職についておらず、「身に覚えがなかった」という。

懲戒理由は「違法である朝鮮学校補助金支給要求声明に賛同し、その活動を推進する行為は、日弁連のみならず当会でも積極的に行われている二重、三重の確信的犯罪行為である」(原文ママ)というものだ。

その後もまったく同じ内容の懲戒請求はつづき、1000件を上回った。さらに、懲戒請求者の1人と思われる人物から、佐々木弁護士に手紙が届いた。封筒の裏には「懲戒請求者は90億人いる」という記載があった。中には「外患誘致」と書かれた紙が入ってたという。

北弁護士は昨年9月、ツイッター上で、佐々木弁護士を支援するツイートをしたところ、今年3月、2人に対して960件の懲戒請求があった。「左右の言説の対立ではない。無差別におこなわれることは、非常に不当なことだ」(北弁護士)。「こういうかたちの懲戒請求はおかしい」(佐々木弁護士)。

●懲戒請求者の年齢層は「高め」という印象

電話で謝罪してきた請求者と話したという北弁護士によると、その属性は、比較的、年齢層が高いという。「若い世代がノリでやっているのではなく、年齢的にはかなり上だという実感がある。新聞報道で状況を知ったという人もいた。ツイッター(の報告)では届かず、どういう状況なのか、把握していない人もいる」(北弁護士)。和解者の中には女性も一定数含まれているという。

2人は提訴前に、請求者に対して、「自分がどういう状況なのか」ということについて、一度は告知する機会をつくるという。早ければ、5月中にも一斉通知したいとしている。

また、請求者たちは懲戒請求の理由について、「これで日本が良くなると思った」などと話しているという。「朝鮮学校の無償化に賛成する『反日』を懲戒請求すれば、日本が良くなると思っていたようだ」(北弁護士)「『時代を変えられると思った』という高揚感を感じたり、ブログに真実があると信じてしまったりした人たちだ」(佐々木弁護士)

懲戒請求の制度について、佐々木弁護士は「弁護士は高い倫理性を求められる。制度自体は否定しない。(今回の懲戒請求は)依頼者でもなく、会ったこともなく、私がどんな活動しているかも知らない。懲戒制度がどういうものか知ったうえで、利用してほしい」と述べた。北弁護士は「自分の頭で考えて、根拠があるか調べてやってほしい。ほかの弁護士に相談してからでもいい」と話した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00007889-bengocom-soci




posted by 切葉鳩 at 00:42 | 北海道 ☔ | Comment(0) | めも